つわりの症状とは?いつまで続くの?

つわり

つわりは妊娠初期に起こる症状の一つで、過半数の人が経験しています。

原因はよくわかっていませんが、妊娠すると体の中で妊娠、出産するための準備が急速に進められます。
プロゲステロンという子宮内膜を厚く整える働きのあるホルモンが急激に増えるので、血圧が低下したり、子宮の筋肉が急激に伸びたり、消化器官の筋肉がゆるんだり、胃酸の分泌が増えたりと、いろいろな変化が起こるのです。

つわりの時期
つわりは、妊娠初期から始まって大体10~15週くらいまでには収まる人がほとんどです。
中にはその後もずっとつわりで苦しむ人もいます。多胎妊婦さんはその傾向があるようです。

つわりになりやすい人
初めて妊娠する人のほうがつわりになりやすいようです。
体の準備ができていないことと、精神的にも不安でいっぱいになりますね。
二度目以降は上の子の世話に追われて吐き気を感じる暇もないのかもしれませんね。
普段から車酔いや船酔いするなど、脳幹の反応が敏感な人はつわりがひどくなる傾向にあるようですね。
また、ストレスがあると胃腸障害を引き起こすのでつわりもひどくなります。
疲れがたまっている場合もつわりになりやすいですね。

つわりの症状
つわりの症状も人によって様々です。

一日中ムカムカして気持ち悪い。
おなかが空くと気持ち悪い。においが気持ち悪い。
食欲が無い。吐いてしまう。
特定の食べ物しか食べられない。
眠い。だるい。頭がいたい。など。

逆に全くつわりがない人もいます。つわりがないからといって心配する必要はありません。運が良かったと思いましょう。

つわりの対処法
つわりがひどくて何も食べたくない場合、無理して食べなくても大丈夫です。
お腹の赤ちゃんに栄養がいかないんじゃないかと心配になりますよね。
大体15週ごろの胎盤が完成する時期までは、赤ちゃんは独自の栄養源を持っているのでお母さんが食べられないからといって栄養不足になることはありません。

1回にたくさん食べられないようなら、少しづつちょこちょこ食べましょう。
ビスケットやクラッカーなど持ち歩いていると便利です。
自分の好きなもの、食べたいものを食べましょう。
塩レモンを作っておくと重宝しますよ。

固形物がダメならスープや野菜ジュースなどもいいですね。
水分はたくさん取るようにしましょう。果物や生野菜などもいいです。

吐いてしまった後は歯を磨きましょう。歯磨きで気持ちが悪くなるようなら、マウスウォッシュなどで口をゆすいでもかまいません。さっぱりするし吐き気も治まります。

ストレスを溜めないようにしましょう。家事などは最低限で。掃除なんて少しくらいしなくても大丈夫。

できるだけ横になってリラックスする時間を作りましょう。お風呂にゆっくり入るのもいいですね。
ベビー服や雑貨のカタログなどを眺めるのもおすすめ。可愛くてつい買ってしまうかも。
つわりの時期はつらいですが、これから来るであろうすてきな未来を想像して、前向きにすごしてくださいね。

-P.S-
ブログランキングに参加しています。
この記事が役立ったという場合は応援クリックお願いします。
↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かりん

かりん

投稿者プロフィール

アラフィフママのかりんです。
山羊座のB型。

女の子と男の子を出産しました。
出産してからはだいぶ経ちますが
経験を活かし、情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

よろしくお願いします^^

この著者の最新の記事

関連記事

1位 ベルタ葉酸

2位 愛され葉酸サプリ

3位 スルーラ

おすすめ記事2

  1. jitensya
  2. 初期症状
  3. 妊娠2ヶ月目

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る