妊娠中に飛行機に乗ってもいい?赤ちゃんに影響は?

hikouki

妊娠中に飛行機に乗らなくてはいけない場合があるかもしれません。
仕事を持ってる場合は出張があったり、里帰り出産を考えている人もいるでしょう。
遠い場所なら長時間電車や車に乗るよりは飛行機でサクッと行ったほうがいいかもしれませんね。

飛行機に乗ってはいけない時期というのは基本的にありません。体調が良くて医師に確認済みならば大丈夫です。
でも、妊娠初期は突然体調が変わることも珍しくないので、できれば避けたほうがよいです。安定期(妊娠12週から28週頃)まで待ってもらいたいですね。里帰りの場合もせめて出産予定日の1~2ヶ月前までには帰ったほうが良いと思います。

なお、航空会社のほとんどは出産予定日の28~8日前までは診断書・同意書の提出が必要になります。7日以内は加えて医師の同伴も必要になってきます。
航空会社に確認してみましょう。

機内の環境は
飛行機の機内の気圧は低下しています。気圧が下がると機体は膨張します。
そうすると人の腸管内のガスが膨張し、お腹が張ったようになる事があります。酸素も薄くなるため、呼吸が苦しくなるなどの症状が現れることもあります。離着陸時の加速度の負荷で耳鳴りがしたり、飛行中の気流のみだれによる振動がある場合もあります。
また、温度の調節は行っていますが加湿は行っていないので湿度がとても低くなります。

席はどこがいい
通路側のトイレに近い席を選びましょう。
おなかが大きい場合は前がゆったりしている席(スクリーン前など)がいいと思います。予約時に妊婦であることを告げると優先的にとってもらえることもあります。もし取れなかったら早めにチェックインしてみて。空いていれば希望の席に変更可能です。

空港で
ANAやJALでは早めに行き係員に妊娠中であることを告げれば、優先搭乗ができます。
また、マタニティマークタグをもらえるので、機内持ち込みバッグなどに付けておきましょう。

空港でのX線検査を気にしている人も多いようですが、X線を使っているのは荷物のみで人間が通るゲートは金属探知機です。全く影響はないので心配しないでください。どうしても通りたくない場合は、妊娠していると言えば通らなくてすみます。

機内で
搭乗員には妊娠していると伝えておきましょう。毛布を貸してくれたり、何かと気を使ってくれます。
水分補給はこまめにしましょう。
マスクをすると風邪やインフルエンザの予防にもなります。乾燥も防げますよ。
座りっぱなしはやめましょう。足がむくまないようにサポートストッキングを履くのもおすすめ。
お腹が大きくシートベルトがきついようなら延長ベルトを貸してくれますよ。
保険証と母子手帳は必ず持って行きましょう。
旅行先の病院を確認しておくと安心です。
搭乗前は炭酸を飲まないようにしましょう。
アメやビスケットなど持って行くと重宝します。

なお、安いからといって格安航空会社(LCC)を利用するのはおすすめできません。座席の間隔も狭いものが多いようですし、座席指定も別途料金がかかります。妊婦に対して優先搭乗などもないようです。

-P.S-
ブログランキングに参加しています。
この記事が役立ったという場合は応援クリックお願いします。
↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かりん

かりん

投稿者プロフィール

アラフィフママのかりんです。
山羊座のB型。

女の子と男の子を出産しました。
出産してからはだいぶ経ちますが
経験を活かし、情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

よろしくお願いします^^

この著者の最新の記事

関連記事

1位 ベルタ葉酸

2位 愛され葉酸サプリ

3位 スルーラ

おすすめ記事2

  1. jitensya
  2. 妊娠2ヶ月目
  3. 初期症状

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る