ビフィズス菌が妊婦の体と赤ちゃんを守ってくれるって本当?

乳酸菌

ママのお腹の中にいる間は、赤ちゃんには体の表面にも内蔵にも菌は一切ありません。
それが、ママの産道を通ることで、生体バリアの菌をたっぷり身にまとって産まれてきます。

産まれてからは様々な菌の洗礼を受けて、生後1日~2日のお腹の中は悪玉菌が優位の状態になります。
でも、母乳を飲むことでビフィズス菌や乳酸菌が増えて、3日~4日もすれば善玉菌が優位な状態になり、悪玉菌はすっかり退治されてしまいます。

なかでもビフィズス菌は母乳を飲んでいる間、腸内細菌のほぼ90~95%を占めています。
まさに赤ちゃんの免疫力の源となる存在です。
 

アレルギー体質の改善効果

ママが赤ちゃんのアトピー症状などのアレルギーを予防するには、妊娠中から腸内環境を整えておくことが大事です。
そのためには、ビフィズス菌を内服することが良いといわれています。

妊娠中に食事制限をしたにも関わらず、赤ちゃんがアレルギー体質になったというケースが多く見受けられます。
赤ちゃんのアレルギーは、一番最初に外界と濃厚接触する腸内環境で免疫が正常に発達するかどうかで決まってきます。
つまり、赤ちゃんのアレルギー体質は、妊婦の食事による影響よりも、妊婦の腸内環境が大事なんですね。
 

便秘の改善効果

ビフィズス菌には便秘を改善する効果も期待されています。
妊娠中というのは便秘になりやすい傾向にあります。
それまで便秘とはまったく無縁だった人でも、妊娠をすると便秘に悩まされるケースが多いです。

ビフィズス菌は、炭水化物を体に無害な酢酸や乳酸へと分解してくれます。
この働きによってできた酸が腸を刺激してお通じの運動を盛んにしてくれるんですね。
 

ビフィズス菌の摂り方

ビフィズス菌が多く含まれている食品では、ヨーグルトが一般的に知られていますね。
でもヨーグルトを食べても、ビフィズス菌は熱や酸に弱いので、ほとんどが腸にたどり着く前に死滅してしまいます。
たとえ腸に辿りつけたとしても、便と一緒に排泄されていまいます。
そのため、大量のヨーグルトを毎日食べ続けなければいけません。

ビフィズス菌を効率良く増やすには、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を一緒に摂ることです。
オリゴ糖はビフィズス菌の大好物なので、どんどん体内のビフィズス菌を増やしていくことができます。
 

これらのビフィズス菌とオリゴ糖を手軽に効率良く摂るには、サプリメントを利用することです。

森下仁丹から発売されているビフィーナSは、乳酸菌健康食品で17年連続シェアNo.1という人気のサプリです。
ビフィーナS

50億個のビフィズス菌と10億個の乳酸菌、そしてオリゴ糖を生きたまま腸に届けてくれます。
さやわかなレモン風味で、毎日おいしく手軽に摂ることができます。

詳しくはこちらのサイトを参考にしてください。
>>ビフィーナSは妊娠中や授乳中に飲んでも問題はありませんか?

 

-P.S-
ブログランキングに参加しています。
この記事が役立ったという場合は応援クリックお願いします。
↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒーローゆうき

ヒーローゆうき編集長

投稿者プロフィール

このサイトの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年生まれ、水瓶座のO型です。
少しでも多くの妊婦さんに役立つ情報をお届けできるように頑張ります♪
(・∀・)

この著者の最新の記事

関連記事

1位 ベルタ葉酸

2位 愛され葉酸サプリ

3位 スルーラ

おすすめ記事2

  1. jitensya
  2. 初期症状
  3. 妊娠2ヶ月目

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る