妊娠中のひどいむくみ、何とかしたい!

むくみ

妊娠するとむくみがひどくなる原因は

妊娠すると、体内の血液の中の水分量が増えていきます。
血液の流れをスムーズにして胎盤に栄養が届きやすくするためなのです。
水分量も増えるのでからだもむくみやすくなってしまいます。

働いている妊婦さんの場合は、特に座りっぱなしや立ちっぱなしが続くと夕方には足がむくんでパンパンになってしまうこともありますね。
ストレスや冷え、運動不足で血液のめぐりが悪くなっている場合もむくみがひどくなります。
塩分のとりすぎもむくみの原因です。妊婦さんの1日の塩分摂取量は7グラムが目安です。とりすぎには注意しましょう。

下着類や靴下などの締め付けでむくみがひどくなることもあります。
特に妊娠後期はおなかが大きくなり足の付根などが圧迫されてむくみがひどくなる傾向にあります。

むくみがひどくなると静脈瘤なることも、また高血圧や尿蛋白が出ていると妊娠中毒症の危険があるので注意してください。

 

むくみを少しでも楽にするためには

塩分を控えめにする
ポン酢やレモン汁、しょうが、にんにく、香辛料などを活用すると塩や醤油を使う量を減らすことができます。
味噌汁は具だくさんにしましょう。味噌の塩分は意外に多いので汁をたくさん飲むと塩分摂取量が増えてしまいます。
外食やコンビニの弁当、お惣菜などは塩分が多いので気をつけて。
加工食品のハムやベーコン、かまぼこなども食べ過ぎないようにしましょう。

カリウムで塩分を出す
むくみには、余分なナトリウム(塩分)を排泄するカリウムが多く含まれている食品をとりましょう。高血圧の予防にもなります。
切干大根、バナナ、りんご、納豆、昆布、パセリ、ナス、きゅうり、ほうれん草などの野菜や果物、豆類に多く含まれています。

水分を取る
むくんでいるからといって水分を取らないのは逆効果です。水分を取ることによって余分な老廃物を流し、新陳代謝が活発になることでむくみ予防にもなるのです。
たくさん水分をとりましょう。1日2リットルくらいはとったほうが良いとされています。
もちろん、甘いジュースなどではなく、水やお茶にしましょう。

むくみに良いお茶
杜仲茶、どくだみ茶、とうもろこし茶、びわ茶、たんぽぽ茶

足を冷やさない
足湯がおすすめです。血液の循環が良くなります。
くるぶし、ふくらはぎや膝の内側をマッサージしながら温めましょう。

足を少し高くして横になる
寝るときに足の下にクッションなどを敷いて足を少し高くすると血液が戻りやすくなります。

おなかが大きい場合は仰向けで寝ると大静脈が圧迫されてしまうので、なるべく横向きで膝を曲げた姿勢(シムスの体位)で寝ましょう。抱きまくらがあるといいかもしれません。
また、左側を下にして横になると大静脈やリンパの流れがスムーズになるのでむくみにはいいようです。

ウォーキングをする
おなかが大きいとどうしても運動不足になりがちですね。
そんな妊婦さんにおすすめなのはウォーキングです。

歩くことによってふくらはぎのポンプ運動になるのです。普段の買い物なども意識して歩けば適度な運動になりますよ。
出かけたくない場合は部屋の中を歩くだけでも効果があります。

着圧ソックスを履く
着圧ソックスはいろいろな種類があります。
今まで履いていたものがある場合でも、きつすぎるとかえって逆効果になってしまいます。妊婦さん用のものも売ってるので、自分のサイズとむくみ具合にあったものを選びましょう。

昼間だけの着用として、夜寝るときは脱ぎましょう。
妊婦さんは特に夜間は新陳代謝が上がるので、ソックスを履いたままだとかえって代謝を悪化させ、冷えてしまう事があります。

それでもまだむくみが取れない!という場合はサプリに頼るのも一つの手ですね。
天然植物由来成分にこだわった妊娠中でも安心なむくみサプリ するるのおめぐ実

-P.S-
ブログランキングに参加しています。
この記事が役立ったという場合は応援クリックお願いします。
↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かりん

かりん

投稿者プロフィール

アラフィフママのかりんです。
山羊座のB型。

女の子と男の子を出産しました。
出産してからはだいぶ経ちますが
経験を活かし、情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

よろしくお願いします^^

この著者の最新の記事

関連記事

1位 ベルタ葉酸

2位 愛され葉酸サプリ

3位 スルーラ

おすすめ記事2

  1. jitensya
  2. 妊娠2ヶ月目
  3. 初期症状

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る